岐阜県や愛知県で東農ひのきを使った新築の一戸建てを建てている工務店 カネダイの新築の施工事例です

資料請求・お問い合わせ

0120-73-1503

施工事例

東濃ひのきと土壁で建てた五寸柱の平屋建て

愛知県尾張旭市 H邸
敷地面積:483.65㎡  延べ床面積:108.48㎡
タグ:,,,,,,,,,,
「ハウスメーカーの合理性を追求した家よりも、木と土が感じられ、経年美化を楽しめる昔ながらの日本家屋を建てたい」と、当社にご縁をいただきました。昔ながらの土壁に、消臭、調湿性の高いシラスの塗り壁で仕上げました。床には無垢杉を使っているので、夏はさらっと涼しく、冬は冷たくなりすぎないので裸足が快適です。平屋は面積が広くなり通風が悪くなりがちなので、東西、南北に風のとおり道をつくりました。
緑に囲まれた、切妻大屋根の外観
リビングダイニングキッチンの中央に丸太梁を設置しています。写真ではそれほど太く見えませが、柱も通常より太い五寸柱(15cm角)を使っていますので、実物はかなり迫力があります。
縁側を覆う大きな軒。
玄関から、洗面脱衣室、浴室を通る風の通り道。目隠しをしながら風を通す建具です。
リビングからつながる小上がり和室。あえて間を仕切る引き戸を付けていません。
大工がつくるキッチン戸棚。
固定階段で上がる小屋裏収納。左手に見える窓はリビングと縦につながる室内窓です。
消臭、調湿作用の高い中霧島壁で仕上げた塗り壁。
軒裏は伝統的な工法である、せがい造りで仕上げました。
白い塗り壁が、見た目の木目の割合(木視率)を抑え、木疲れを防ぎます。
梯子で上がる階段がある子供室。扉の上の窓は、光りと風の通り道です。
電信柱並みの太さがある丸太梁。
柾目の建具と櫛引で仕上げた塗り壁が、空間全体を整然とした雰囲気にします。

カテゴリー

タグクラウド

五寸柱 リフォーム ウッドデッキ 縁側 家族用玄関 スキップフロア 漆喰 キャットウォーク スイス漆喰 濡れ縁 シラス スロープ 中霧島壁 リノベーション 7寸大黒柱 東濃ひのき 丸太梁 いぶし瓦 吹き抜け 手づくり建具 アイランドキッチン 土壁 ロフト 薪ストーブ

»