岐阜県や愛知県で東農ひのきを使った新築の一戸建てを建てている工務店 カネダイの新築の施工事例です

資料請求・お問い合わせ

0120-73-1503

施工事例

開放感たっぷり。平屋プランで暮らしやすい東濃ひのき家

愛知県丹羽郡 T邸
敷地面積:1274.89㎡  延べ床面積:113.45㎡
タグ:,,,,,,,,,
T様には、住宅展示場に建つハウスメーカーが建てた家を見比べ、検討されている最中に、当社の見学会に来ていただきました。「やっぱり木の家がいい!木をふんだんに使った家を建てたい!」と、当社にご依頼いただきました。 床にも壁にも天井にもひのきや杉を使い、木の香りが溢れる東濃ひのきの家です。 もともと1フロアで生活が完結する平屋を希望されていましたが、2階建てにするとロフトの天井を高くすることができるため、「平屋プラン」の2階建てとなりました。
無垢の杉板と塗り壁で仕上げた外観。玄関向かって右側は、車椅子でも行き来できるスロープ。深い軒に覆われているので、雨でも安心です。
床は杉、腰壁はひのき、正面と右下駄箱の建具(引き戸)は杉、白い壁は漆喰を使っています。
大工の手わざによる造作です。当社の作業場で作っています。大工なら誰でもできるというものではありません。
右に見える大黒柱は7寸(21cm)角。奥の照明がついている天井は、厚さ3cmの杉板で、2階の床を兼ねています。(踏板天井)
1階の面積が広い平屋プランは、どうしても家の中央が暗くなりがち。天窓を設置して光を採りこんでいます。
居心地の良い和室に欠かせない掘り炬燵を設置しました。奥に見える押入れ上部は神棚で、開き戸を造作しました。
玄関の吹き抜けの上にあるキャットウォーク。柱を右にずらし、入口を拡げています。開放感はそのままに、出入りもしやすくしました。
左の引き戸は、旧家で使用していたものをそのまま使っています。そのサイズに合わせて、出入り口の枠をつくりました。
雨に濡れる無垢の柱には自然塗料を塗り、防水処理をしています。
深い庇が犬ばしりを完全に覆っています。柱を支える天然の柱石が、日本家屋の趣を感じさせます。

カテゴリー

タグクラウド

スロープ いぶし瓦 東濃ひのき 縁側 土壁 丸太梁 中霧島壁 吹き抜け リフォーム スイス漆喰 アイランドキッチン キャットウォーク ウッドデッキ シラス スキップフロア 薪ストーブ 7寸大黒柱 漆喰 家族用玄関 五寸柱 ロフト 手づくり建具 濡れ縁 リノベーション

»