愛知(名古屋、尾張)、岐阜を中心に木造住宅をつくる(株)カネダイ

HOMEHOMEサイトマップサイトマップ会社概要会社概要リンクリンクサイトポリシーサイトポリシーお問い合わせ・資料請求お問い合わせ・資料請求

東濃ひのきを使用した五寸柱の家 株式会社カネダイ

企業理念

カネダイトップカネダイの家づくり ≫ 木造軸組工法

木造軸組工法

設計の自由度が高い、伝統的な工法。

木造軸組工法とは、柱、梁、桁、筋交いなど、木製の軸組で家の骨組みをつくる、日本古来の伝統的な工法です。 コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組むものです。垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗するのを基本原理に、筋かいと呼ばれる斜材を数カ所に加え、さらに補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。ほかの工法よりプランニングの自由度が高く、狭い土地や変形敷地など、柔軟に対応できます。また、部分的な修繕・改築を行うこともできます。

木造軸組工法

カネダイの家の構造(一例)

屋根

屋根瓦(洋風平板陶器瓦)

耐久性が一番高い屋根材です。

野地板(針葉樹合板12mm)

屋根瓦を支えます。

ルーフィング(ゴムアスファルト)

釘穴からの雨水進入を防ぎます。

通気層(30mm)

屋根の熱から建物を守ります。
軒先から入り棟で排出します。

野地板(構造用合板28mm)

屋根面の剛性高め、耐熱にも貢献しています。

断熱材(発砲ウレタン100mm)

省エネ温熱等級4を確保出来ます。

天井材(国産杉無垢10mm)

内装仕上げ材です。

外壁材(防火サイディング14mm)

外壁の仕上げ材です。

通気層(18mm)

湿気から建物を守る役割をします。

(東濃ひのき5寸角【15cm】)

木の香り漂う真壁造りです。

内装材(国産杉10mm)

内装仕上材です。

断熱材(発砲ウレタン70mm ※厚さは地域により異なる)

省エネ温熱等級4を確保出来ます。

壁パネル(ダイライト9mm)

構造耐力壁と防火性能確保の役割をします。

防水シート(透湿・防水シート0.1mm)

水分から建物を守ります。
防水と「内部の湿気を追い出す」効果があります。

床2階

壁材(東濃ひのき無垢フロアー15mm)

木の香漂う無垢のフロアーです。

床材下(構造用合板24mm+プラスタボード9.5mm)

 

剛床材(国産杉構造用合板24mm)

2階の床の支えと地震時の
ねじれ・ゆがみを抑える構造材です。

杉羽目板(10mm)

 

床1階

床材(国産杉ムク30mm)

30mmの床が支えます。また、木のぬくもり・やわらかさも体感できます。

基礎

気密パッキン

土台と基礎を密着し気密性能を高めています。
また、土台防湿の役割も果たしています。

基礎高(外部41cm

外部は41cmの高基礎断熱仕様です。

基礎断熱(押出ポリスチレンフォーム3種b5cm)

基礎内部での基礎断熱仕様で
断熱材を腐食からまもります。

基礎構造(べた基礎)

《コンクリート(FC21N/mm2)》
FC21N/m㎡の強度は長期使用を見据えた中性化を
考慮した強固なコンクリートです。
《鉄筋(D10・D13・D16・D19)》
構造計算の後、バランスよく配置してあります。
大開口部補強にはD19mmの補強筋も採用しています。(※長期有料住宅の場合)